ETCの多彩な割引

現在、全国にある各高速道路会社ではETC搭載車に対する高速道路料金の割引制度を設けています。これは、ETCの導入を促すことで渋滞解消や物流の効率化をはかることが主な目的です。
東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3つの会社で実施しているもの例をいくつか挙げると、土曜日・日曜日・祝祭日に利用した場合は車種限定で、地域に応じて通常料金の30~50%引きで利用することができます。地方部の高速道路では、平日の午前6時から午後8時までの間に料金所を通過した場合に走行距離100km分の利用料金が30%引きになります。この他にも、通勤時間帯に高速道路を利用した場合や、深夜の一定時間帯に高速道路を利用した場合など、様々な利用条件に応じた料金の値引き制度があります。
首都高速道路や阪神高速道路では、利用頻度が高くなるにしたがって料金が安くなる制度や、特定の区間を走行した場合に料金を一定額、もしくは一定割合安くなる仕組み、他の高速道路会社の路線から乗り継いできた場合に料金を値引きする仕組みなどが導入されています。
また、全ての高速道路会社が共通で導入している制度もあります。例えば、障がい者が事前に登録を済ませた上で高速道路を利用した場合に利用料金が半額になる制度がこれにあたります。

コメントは受け付けていません。