分離型

小物02ETC車載器には、基本的にアンテナ分離型と、アンテナ一体型があります。アンテナ一体型は、ETC車載器とETCアンテナが一体構造で、これをダッシュボードの中央に設置するだけで、配線も電源だけですので比較的簡単です。しかしアンテナの設置場所や無機角度などに制約があり、ETC車載器が外からもおく見えるなど必ずしもいいことではないので、現在は主流になっていません。アンテナが車載器本体と別になっていると、アンテナを比較的自由に設置できるし、車載器も見えるところにつけなくて済むので、防犯上も有利ですし、視界を遮らないのも有利です。現在アンテナはフロントガラスの内側の隅に貼り付けて設置するのが多く比較的邪魔にならなくなっています。ETCカードが入る本体が外から見えないように設置できるので、防犯上有利です。ETCカードはそれで買い物が出来るわけでもなく、盗まれれば直ぐに停止できますし、盗んだETCカードを自分の車で使えば、車の番号から不正利用がすくわかります。盗むことはまったく無意味なのですが、それでも見えるところにあると盗もうとする人がいるようです。できれば車載器を見えにくいところに設置するのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。